医学生、研修医、若手医師に向けて

日本医科大学乳腺外科学教室は専修医、若手医師を募集しています。乳腺専門医として臨床、教育、研究の3分野において活躍し、患者さんからも医療従事者からも尊敬される医師を育成することが教室の大きな目標です。

乳腺外科学は乳腺に発症するあらゆる疾患を対象としています。単一臓器とはいえ、発症する疾患の種類は決して少なくありません。特に増加傾向の著しい乳癌については、診断から治療、さらに終末期医療まで主治医として一貫した診療を行うことになります。治療においては外科的手術療法から内科的薬物療法まで幅広く担当することになります。これらの技量の修得は決して容易なことではありません。しかし、いったん身についた技量は各人の血となり肉となり、たやすく失われるものではありません。様々な事情により臨床の場を離れることになったとしても、復帰すれば修得した技量をすぐに発揮することができるようになると考えていますので、危惧するには及びません。一方、乳腺外科診療におきましては診断から治療まで幅広い領域がありますので、各人に最も適した仕事内容を選択することができます。


乳腺外科学教室の専修医は、現状では卒後6年目に外科専門医、7年目に乳腺専門医の取得が可能となります。研修計画につきましては、教室の概要をご参照ください。乳腺専門医取得後、大学院、留学(国内外を問いません)という進路を選択できます。一方、他施設において専修医としての修練が終了している場合や乳腺専門医をすでに取得している場合、大学院または留学において研究の機会を得ることも非常に重要なことと考えます。一方、臨床での経験をさらに積むということも大切であると考えます。

日本医科大学乳腺外科学教室で臨床、教育、研究の3本柱をともに太くしていこうではありませんか。ご連絡をお待ちしております。


連絡先:医局長、柳原恵子 メールアドレス:keikof@nms.ac.jp

所在地・ご連絡先

〒113-8603
東京都文京区千駄木1-1-5
電話:03-3822-2131(代表)
地図と交通
  • 紹介状をお持ちの方へ
  • 感染対策
  • 付属病院現職看護師 説明会案内
  • 付属病院臨床研修センター
  • 学校法人日本医科大学アクションプラン21新病院建設プロジェクト
ページトップへ