診療内容のご案内

さまざまな呼吸器疾患に対応する専門外来により、高度な医療を提供するとともに、近隣の医師会やがん検診センターとの連携により検診外来をもうけ、検診で指摘された胸部異常陰影に対する精密検査を行っています。呼吸器疾患の多くの方が夜間の咳、早朝の咳、痰を伴った咳、空咳、血痰、胸痛、息苦しいなどを症状として来院されます。まず初診の段階で胸部X線撮影、各種血液検査、喀痰検査を行い、必要に応じ胸部CT撮影、気管支鏡検査などの予約を行います。こうして得られた診断を基に、個々の患者さまの症状や検査所見に応じ、専門医が外来あるいは入院により最も適切な治療を提供します。 

専門としている病気の種類

腫瘍性疾患の診断および内科的治療

 呼吸器内科開設以来全国でもトップレベルの診療を行っています。画像や気管支鏡検査などを用い、疾患名のみでなく病気の広がりまで診断します。診断がついた段階で、最適な治療法を提示し、手術が必要な場合は当院呼吸器外科、放射線科などと連携し、集学的治療に取り組んでおります。また当科では、薬物療法をはじめとする先進的な内科的治療を行います。また患者さまのQOLを重視して、外来化学療法も積極的に導入しております。

びまん性肺疾患の診断・治療

 間質性肺疾患・肺線維症などびまん性肺疾患は診断が難しい場合が多く、気管支鏡による経気管支的肺生検や気管支肺胞洗浄、胸腔鏡下での肺生検など専門的な技術によって診断を行います。従来治療法がないとされてきた難治性疾患にも、積極的に取り組んでいます。また、当科のびまん性汎細気管支炎に対するマクロライド療法は基礎医学、臨床医学の両面で高い評価を受け、日本を代表する施設です。

慢性呼吸不全に対する包括的医療

慢性呼吸不全患者様に酸素吸入を自宅で安全に使用していただくために、短期教育入院や看護部による訪問看護システムを導入し、さらに地域医療施設との病診連携を推進しております。また、包括的呼吸リハビリテーションに取り組んでいます。必要に応じて、当科の専門外来として運営している日本医科大学呼吸ケアクリニック(新しいウィンドウが開きます)と連携をとって診断・教育・治療いたしております。

 

睡眠時無呼吸症候群の診断・治療

睡眠時無呼吸症候群専用の病床を有し、1日〜2日入院して行うポリソムノグラフィー(PSG)という精密検査にて確定診断を行います。減量、食事療法などの生活習慣の改善指導を基本に、症状に応じて、CPAP療法や歯科医院と連携し口腔内装具(マウスピース)や治療いたします。また、当科の専門外来として運営している日本医科大学呼吸ケアクリニック(新しいウィンドウが開きます)と連携をとって患者様のニーズに合わせた治療を行っております。

おもな検査
  • 喀痰検査(細胞診、各種細菌検査)
  • 胸水穿刺検査
  • 呼吸機能検査
  • 超音波検査
  • 肺音検査
  • 気管支鏡検査
  • 胸腔鏡検査
  • X線CT検査
  • MRI検査
  • PET検査

睡眠時無呼吸症候群については、1泊入院で行うポリソムノグラフィー(PSG)という精密検査により診断を確定します。肺癌における一部の遺伝子変異の検索も臨床応用されています。

特殊外来
  • 腫瘍外来(外来化学療法を含む)
  • びまん性肺疾患外来
  • サルコイドーシス外来
  • 慢性呼吸不全・睡眠時無呼吸障害外来
  • 検診外来
  • 感染症外来

所在地・ご連絡先

〒113-8603
東京都文京区千駄木1-1-5
電話:03-3822-2131(代表)
地図と交通
  • 紹介状をお持ちの方へ
  • 感染対策
  • 付属病院現職看護師 説明会案内
  • 付属病院臨床研修センター
  • 学校法人日本医科大学アクションプラン21新病院建設プロジェクト
ページトップへ