救命救急科(CCM)

大学院教授
救命救急科(CCM) 部長

横田 裕行

豊富なマンパワーとスタッフの救急医療への情熱を背景にして、東京都第3次救急医療施設として東京消防庁からの救急患者収容要請や、2次救急病院等からの転送依頼を断らないのが当科の開設以来の一貫した方針です。

 

院内臨床各科とは独立した診療体系で運営され、初期治療から手術ICU管理まですべて専属の医師(3つのグループで構成約40名)と看護師(約120名)が24時間体制で治療にあたります。

 

救急医学教室スタッフは、一般救急科・脳神経外科・胸部外科・整形外科・麻酔科・精神科などのサブスペシャリティーをもつ救急専門医集団でもあり、平成5年4月より全国救命センターの“The Best of Bests”として第1号の「高度救命救急センター」の認定を受けました。

 

収容患者さまはすべて心肺危機を伴う、あるいはその危険性の高い重症救急疾患に限られ、年間入室患者数は約2,000人。疾患別内訳は、多発外傷など重症外傷が約20%を占め、脳血管障害・広範囲熱傷・急性中毒・急性腹症・各種臓器不全および心肺停止患者が50%を構成しています。 手術件数は、年間約700件。

 

内訳は、開頭術 約250件・開腹術約150件・整形外科手術約300件・開胸術70件・植皮術60件などです。来院時心肺停止を除いた全体の救命率は85%。収容患者の3分の 2は患者発生現場からの直接搬送です。また、国内外問わず、災害現場へ医局員を派遣する日本DMATや国際緊急援助隊等に対しても積極的に対応しています。

 

(2/19 New)学会・セミナ―詳細はこちら

 

平成28年4月 熊本・大分方面における地震に際して

 

平成28年4月、熊本・大分方面における地震により被災されました
熊本県・大分県の皆様に心よりお見舞い申し上げます
一日も早い復旧、復興をお祈り申し上げます

          日本医科大学 救急医学教室一同

 

 

2015.3.25 平成27年度 日本医科大学大学院 学位記授与

        当科 五十嵐豊医師、山口昌紘医師が学位を取得いたしました。

 

 


外来診療のご案内(フォローアップ外来)

当科の外来担当表とおもな診療時間をご案内しています。下記の表をご参照の上、時間に余裕を持ってご来院ください。

受付時間
午前 8:00~11:00




 

外来担当表

※ 女性医師は赤字にて表示しております。

  • フォローアップ外来
受付
午前   布施 明
塚本 剛志
  横田 裕行
金 史英
桒本 健太郎
  新井 正徳
恩田 秀賢

 

 
注意事項
「救命救急センター」とは急性の心肺危機を有するいわゆる第3次救急患者を対象とする医療施設であり、紹介や転送依頼に際してはその適応を十分考慮する必要があります。末期がん患者や慢性疾患の終末期医療とは明確に区別する必要があります。

所在地・ご連絡先

〒113-8603
東京都文京区千駄木1-1-5
電話:03-3822-2131(代表)
地図と交通
  • 紹介状をお持ちの方へ
  • 感染対策
  • 付属病院現職看護師 説明会案内
  • 学校法人日本医科大学アクションプラン21新病院建設プロジェクト
  • Webマガジン がん特集
  • Webマガジン 生活習慣病特集
  • Webマガジン 女性の病気特集
  • Webマガジン 子どもの病気特集
ページトップへ