卒煙外来(禁煙治療)

※診察は予約制です。医療連携室で予約をお取りします。


タバコをやめたい! でも、やめられない!

吸う場所も減ったし、今度こそ禁煙したい!でも自信がない・・・

そんなあなたを応援します。

 


 

卒煙外来では禁煙のお手伝いをします。

タバコの影響を調べるために吐いた息に含まれる一酸化炭素濃度を測定し、禁煙時のイライラなど不快な症状を和らげるための薬物療法(ニコチンを含む貼り薬や、ニコチン受容体に作用する飲み薬バレニクリン)を行いながら、その方の状況を伺いながら、なぜタバコを必要としてしまうのか、対話を重視した禁煙治療を行います。また薬物治療を併用することで、タバコの禁断症状が軽くなるので、楽に禁煙が始められ、禁煙の成功率が高まります。
 

お勧めの受診時期

タバコはやめたい時がやめる時です。禁煙したい!と思った時に迷わず受診してください。ただし、非常に忙しくて病院に来院する時間もない時や、宴会の多い時期、強いストレスのある時は禁煙を始めるのには向きませんので、その時期は避けたほうがよいでしょう。
 

診療期間

初診日から3ヶ月間が保険診療で認められている診療期間です。
ニコチンの貼り薬の標準治療では禁煙開始から8週間の薬物治療のあと、4週間は薬物なしで経過観察、バレニクリンは、12週間の内服治療で、どちらも合計5回の診療が基本となります。
以前に禁煙治療をうけられた方は、前回の治療開始日から1年以上経過しなければ保険治療がうけられません。ご注意ください。
 

診療日時と場所
日時 木、土曜日の午前
診療場所 循環器内科外来診察室 
担当医師 宮武佳子(土)、福本裕子(木)
対象患者様 保険診療の対象となる患者様

保険診療の適応条件と費用

日本医科大学附属病院の卒煙外来は、禁煙治療の保険適用の患者さんのみ対象としております。保険診療の適応は以下のすべての要件を満たす方です。

  1. 1日のタバコの本数×喫煙年数が200以上 (例:1日20本で10年間=200)
  2. ただちに禁煙することを希望して、学会の作成した禁煙治療プログラム(12週間で計5回または7回受診)に参加することを文書で同意する
  3. ニコチン依存症のスクリーニングテスト※でニコチン依存症と診断された者
  4. 以前に保険診療での禁煙治療を受けたことがある方については、前回の初回禁煙治療から1年以上経過している

費用は、処方される薬により異なりますが、自己負担3割として3ヵ月合計でニコチンパッチ処方で約13000円、バレニクリン(商品名チャンピックス)処方で約20000円です。一日一箱喫煙すれば、その3ヵ月間のたばこ代より保険診療で禁煙治療をうけた場合の自己負担額の方が安くなります。また市販のニコチンパッチを使用するよりも保険治療の方が効果的であり、かつ安価です。
 

予約の取り方

診察はすべて予約制です。日本医科大学付属病院に通院中の患者さまは医療連携室で予約をお取りします。主治医に禁煙をしたい旨をご相談のうえ、予約してください。


他院通院中の方は、主治医の先生と禁煙治療についてご相談なさって病状について紹介状を書いていただいたほうが効果な治療ができます。とくに精神疾患で治療中の方は主治医とご相談の上、紹介状を持ってご受診ください。紹介状がない患者さまは、初診時に保険外併用療養費として5400円が自費で必要となります。
 

ニコチン依存症のスクリーニングテスト

以下の10項目の質問からなるテストで、「はい」を1点、「いいえ」を0点として合計5点以上をニコチン依存症と診断します。

 

  • 問1. 自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか。
  • 問2. 禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか。
  • 問3. 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか。
  • 問4. 禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかがありましたか。(イライラ、神経質、落ちつかない、集中しにくい、ゆううつ、頭痛、眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手のふるえ、食欲または体重増加)
  • 問5. 問4 でうかがった症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか。
  • 問6. 重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか。
  • 問7. タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。
  • 問8. タバコのために自分に精神的問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。
  • 問9. 自分はタバコに依存していると感じることがありましたか。
  • 問10. タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか。
よくある質問

 

  • 禁煙する自信がありませんが、禁煙外来で治療をうけられますか。
    禁煙したい気持ちがあれば充分です。ぜひ受診して下さい。
  • 入院することになりましたが、継続して治療はうけられますか。
    外来で禁煙治療をうけた方が入院した場合は、保険診療で禁煙治療を継続できます。ですので、入院する前に禁煙外来の受診を主治医とご相談ください。ただし、病気によっては、禁煙補助薬が使えないこともあります。
  • 夫を禁煙させたいのですが。
    ご家族の禁煙してほしいというお気持ちはよくわかりますが、禁煙治療にはまずご本人が禁煙したいという気持ちになることが必要です。また保険診療で、禁煙治療をうけるためには、文書で禁煙治療をうけることに同意する必要があります。
  • 市販の禁煙ガム(ニコチンガム:ニコレット)とニコチンの貼り薬とはどう違うのですか。
    外来で処方する薬が体に合わない方にニコチンガムをお勧めすることもあります。ニコチンガムは、薬局で購入ができるので手軽に禁煙治療が始められる利点がありますが、味が苦手、歯が悪い、などの理由で継続できないことも少なくなく、また自力で行う場合、禁煙専門外来でのカウンセリングやアドバイスが受けられず、呼気の一酸化炭素濃度が測定できないなどのため禁煙を継続するのが難しいようです。ニコチンの貼り薬も一部の大きさのものが市販されていますが、禁煙開始時期に多くの方が必要とする一番大きいサイズは市販されないので禁煙開始が難しくなる可能性があり、またニコチンガム同様に、カウンセリングなどの外来治療を併用しないと、禁煙継続が難しくなります。
  • 1日15本くらいしか吸わないのですが、治療の適応になりますか。
    1日平均本数×年数が200以上あり、ニコチン依存症のスクリーニングテストで5点以上あり、禁煙する意志があれば治療の適応となります。
  • 以前に禁煙治療をうけても禁煙できなかったのですが。
    前回の禁煙治療開始日から1年が経過していればまた保険適用で治療をうけられます。ただし、精神疾患で治療中の方はまず主治医に禁煙治療の可否にについてご相談ください。
 
診療科目

所在地・ご連絡先

〒113-8603
東京都文京区千駄木1-1-5
電話:03-3822-2131(代表)
地図と交通
  • 紹介状をお持ちの方へ
  • 感染対策
  • 付属病院現職看護師 説明会案内
  • 付属病院臨床研修センター
  • 学校法人日本医科大学アクションプラン21新病院建設プロジェクト
ページトップへ