教育について

日本医科大学看護師募集ページにも教育について掲載しています。
併せてご覧ください。

看護部教育理念

 日本医科大学付属病院の理念ならびに看護部の理念を基盤とし、専門職業人として自律した、信頼される看護師を育成するとともに、「患者の権利を尊重し、患者の立場に立った医療・看護を提供できる看護職員」を育成することです。

 

新人看護教育
  • 新人看護師研修の理念

 当院の新人看護師研修の理念は、1)看護実践の基礎を形成すること、2)新人看護師を支援し周囲の全職員が共に支え合い成長することです。
 当院の看護師として必要な姿勢及び態度、卒後1年間に習得すべき知識・技術を示し、それらが看護実践の場で統合され、当看護部が定める看護実践能力(コンピテンシー)新人レベルを習得できるように育成します。
 

  • 研修体制

研修体制は、研修の理念や基本方針を携わる看護職員で共有しています。また、入職後3ヶ月間は専任の指導者を配置し、遠慮せずじっくり指導を受けられるような体制をとっています。

  •  研修内容と方法

 研修は、厚生労働省の指針に示されている看護師として必要な基本的姿勢と態度、看護実践における技術的側面、管理的側面に関する内容です。看護部中央での教育(off-JT)と配属部署での教育(on-JT)が計画的に連動しながら研修を進めていきます。

 

1. 入職時オリエンテーション
 入職時オリエンテーションでは、1)当院の看護職員としての姿勢・心構え、2)臨床現場ですぐに活用できる必須の看護技術を安全に実施するための方法を学びます。内容は、当院の特徴と機能、看護部の概要、当院看護師としての姿勢・心構え、採血、点滴、輸血等準備と管理、薬の知識、感染防止技術、医療安全、看護記録などです。

2. 新人育成コース
 新人育成コースは、入職した新人看護師が一堂に会し、新人看護師の成長段階に応じて必要とされる知識・技術の習得や臨床現場で感じた自分自身の行動・患者さんへの対応などをじっくり考え、分析できるようプログラムしています。
 

4月 褥創・栄養管理  
感染防止技術(防護具の取り扱い、血管内留置カテーテルの管理)
接遇
5月 ME機器の取り扱い(輸液・輸注ポンプ、パルスオキシメーター、AEDなど)
インシュリンの取り扱い
フォローアップ
6月 フィジカルアセスメント(観察・測定スキル)
7月 救急看護(一時救命処置 BLS)
9月 安全管理(危険予知トレーニング KYT)
10月 対象理解とコミュニケーション
11月 受け持ち看護と看護過程
12月 がん看護
2月 新人看護師・指導者評価交流会


3. 新人看護師支援システム
 看護部では新人看護師の職場適応を支援する目的で、以下の2つの取り組みを行っています。
 同期入職した看護師が一堂に会し、同じ悩みを共有したり解決法を話し合うフォローアップと他部署の看護師長や教育担当者が面談を行い、新人看護師ならではの悩みや不安を相談することができるサポート面接があります。希望や状況に応じて精神看護専門看護師、臨床心理士からのカウンセリングを受けることもできます。
 

ステップアップ教育

 勤務経験年数や看護実践能力(コンピテンシー)に応じて役割や能力を向上させることができるコースです。研修はすべて勤務時間内に受講することができます。

 

1.受け待ち看護育成コース 
 臨床経験2年目以上を対象に受け持ち看護師の役割を学ぶコースです。受け持ち看護師としての必要な知識を集合教育で修得し、各自の病棟で患者さんを受け持ち看護過程を展開します。 

2.リーダー看護師育成コース(初級・中級)
 モジュラー型ナーシングにおけるリーダー看護師の役割と責任を理解し、その役割行動がとれることを目的としています。コース終了後は、リーダー看護師としての課題を明確にし、自己成長につなげられるよう学習します。 

3.新人看護師指導者育成コース 
 新人看護師の臨床実践能力を習得させるため、各病棟単位で専任で教育する指導者を育成します。
 

 日本医科大学4病院看護研修

 

日本医科大学看護師募集ページ、4病院看護研修プログラムを掲載しております。併せてご覧ください。

スキルアップ教育

 臨床で必要な看護の専門性について、その知識や理論・技術を習得するコースで、新人看護師から経験者でも誰でも受講できるコースです。
 講師は、専門看護師や認定看護師が担当し、最新の知識と実践的な技術を学ぶことができます。

 

安全な医療を提供するための看護の教育

「みなさまが安心して看護が受けられるよう実践能力と看護技術を高める努力をしています」

 

 

 

院内急変に対応するための教育
  • 一次救命処置(BLS)トレーニング

看護師、検査技師、薬剤師、事務職、用務員、清掃員等、院内で働くあらゆる職種に対し心肺蘇生法+AEDトレーニングが行われます。

 

 

 

  • 二次救命処置(ICLS)トレーニングコース

気管挿管や人工呼吸、除細動器、心電図モニターなどを使用し、実践さながらの蘇生シュミレーショントレーニングを医師と共に連携し学んでいます。

 

 

  • 採血の練習

採血の練習は実践を通して学びます。

 

 

 

  •  フィジカルアセスメント

お互いの体を使い身体所見を診ます。座学と実技で学ぶことにより正確な知識を得られます。

 

 

 

 

 

充実した医療を提供するための看護の教育

看護師としての能力の維持や発展のために経験年数に応じた、継続的な教育を行っています。

  • 看護スキルの習得と新しい知識・技術の習得
コース名 コースのねらい
新人育成コース 社会人として、そして看護師としての役割が担えるような教育を行っています。
受け持ち看護師育成コース 就職して2年目に入ると受け持ち看護師としての役割を深めるために看護計画の立案方法やその他、必要な看護の技術教育をしています。
リーダー看護師育成コース
(勤務3~5年)
就職して3~5年目では、看護師チームのリーダーとしての役割がとれる教育を行っています。
新人看護師指導者育成コース 新人看護師指導者としての役割を理解し、臨床看護実践に関する実地指導ができる。

 教育年間計画表(PDF : 383kB)

 新人育成コース詳細(PDF : 341kB)

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe® Reader®が必要です。

Adobe® Reader®のダウンロード

 

所在地・ご連絡先

〒113-8603
東京都文京区千駄木1-1-5
電話:03-3822-2131(代表)
地図と交通
  • 紹介状をお持ちの方へ
  • 感染対策
  • 付属病院現職看護師 説明会案内
  • 付属病院臨床研修センター
  • 学校法人日本医科大学アクションプラン21新病院建設プロジェクト
ページトップへ