看護の特色

1.看護の基本方針

1)患者さんの回復能力を最大限に引き出し、生活の質を高めるための生活支援を行います。
2)大学病院として、より専門性の高い看護師の育成に努めています。
3)患者参画型の医療を目指して、医療チームの一員として活動をしています。

2.看護について

1)配置基準

看護職員数 約1,000人
看護師配置基準 入院基本料「7:1」


2)勤務体制

3交替制 2交替制
深夜勤務 0:00~8:30 日勤勤務 8:00~16:30
日勤勤務 8:00~16:30 夜勤勤務 16:00~9:00
準夜勤務 16:00~24:30    


3)看護方式
チームナーシングの中に受け持ち制を取り入れた方法で、入院から退院まで継続してケア計画から実践までを担当する看護師がいます。
患者さんやご家族のご意見・ご希望を尊重しながら、苦痛・不安・相談事に対し、きめ細やかなケアを行います。

3.看護部の教育

患者さんの潜在能力に働きかけ、回復過程や療養生活、そして退院に向けての援助など一連の支援が出来るような看護師の育成を行っています。

4.医療安全に向けた看護部の取り組み

医療安全管理部と連携をはかり、すべての看護職員に対して就職時から継続的に医療安全管理の教育を実施しています。

所在地・ご連絡先

〒113-8603
東京都文京区千駄木1-1-5
電話:03-3822-2131(代表)
地図と交通
  • 紹介状をお持ちの方へ
  • 感染対策
  • 付属病院現職看護師 説明会案内
  • 付属病院臨床研修センター
  • 学校法人日本医科大学アクションプラン21新病院建設プロジェクト
ページトップへ