乳腺科

乳腺科 部長

武井 寛幸

当院は2008年2月よりがん診療連携拠点病院に認定され、2008年5月より乳腺科外来を開設しました。患者さまにご利用いただきやすいよう、乳腺科外来は月曜日から土曜日まで毎日行っております。

外来初診日にマンモグラフィ、超音波検査、細胞診、針生検などを行える体制をとっており、できるだけ早く診断が得られるように心がけております。

乳がんはがん細胞の性質や進行度によりいくつかのタイプに分かれます。たとえば、ホルモン療法が効くタイプ、化学療法(抗がん剤)が効くタイプ、これらの薬剤が効きにくいタイプ、手術のみでよいタイプなどです。したがって、このタイプごとに適した治療法があります。

ホルモン治療と化学療法にはさまざまな薬剤があります。一方、手術も乳房切除術、乳房温存術、乳房再建手術など、いくつかの方法があります。

メディカルスタッフと患者さまがよく話し合い、一人一人に最適な治療法を決めることが重要と考えております。

乳がんが完全に切除できたか否か、腋の下のリンパ節に転移があるか否かを手術中に調べております。さらに手術後も詳しい病理検査を行い、がんの性質を調べます。手術後およそ2週間から3週間ですべての結果が出ますので、治療方針を早く決定することできます。
また、当院ではほとんどすべての診療科がそろっており、合併症がある患者さまにも診断から治療まで十分な対応が可能です。

セカンドオピニオンも受け付けております。病理に関することも含め、乳腺疾患に関するすべてのセカンドオピニオンを受け付けております。

乳がんの診療は日進月歩です。その進歩には基礎的研究も重要です。当院では、大学院と連携して、乳腺疾患に関する基礎的研究も進めています。


外来診療のご案内

当科の外来担当表とおもな診療時間をご案内しています。下記の表をご参照の上、時間に余裕を持ってご来院ください。

●初めて当院を受診される患者さんへ●
紹介状をお持ちの患者さんにつきましては、事前にFAXで予約をとることが可能となりました。
詳しくはこちらをご覧ください。

紹介状を持たずに受診される初診患者さんは診察予約をお受けしておりません。
かかりつけ医療機関からの紹介状をお持ち頂き、ご予約をお願いいたします。
受付時間
午前 8:00~11:00





 

外来担当表

※ 女性医師は赤字にて表示しております。

  • 乳腺科
受付
午前 武井 寛幸
担当医


 
山下 浩二
中井 麻木
 
鈴木 えりか
栗田 智子
(第1.2.4週)
 
武井 寛幸
担当医
山下 浩二
柳原 恵子

武井 寛幸
(第2週)
山下 浩二
(第4週)
柳原 恵子
(第1.3.5週)
中井 麻木
(第1.3.4.5週)
鈴木 えりか
第2週)

午後 武井 寛幸
淺川 英輝
二宮 淳
担当医
柳原 恵子
栗田 智子
(第1.2.4週)


 
武井 寛幸
山下 浩二
担当医
 
柳原 恵子
担当医
内海 真紀
[マンマケア]

武井 寛幸
(第2週)

山下 浩二
(第4週)

柳原 恵子
(第1.3.5週)
中井 麻木
(第1.3.
4.5週)
鈴木 えりか
(第2週)

 

 


主な診療科目・検査内容

 乳腺疾患、特に乳癌に対する診断・治療は現在、放射線・超音波診断、病理診断、外科による手術療法のみでなく、放射線治療、化学内分泌療法、緩和治療などの集学的治療が重要となってきております。当院には、これら各分野の専門家医師、薬剤師、看護師、放射線技師、細胞診断士などの有資格者が数多く揃っており、女性スタッフも数多く在籍しています。そして、これら各専門家それぞれが有機的に連携し、質の高いチーム医療を提供いたします。

 マンモトーム生検、術前・術後化学内分泌療法や乳房温存療法、センチネルリンパ節生検などの標準診療はもとより、薬物治療などの臨床試験への参加も行っております。診断、治療に関しては、きめの細かい医療を心掛けており、患者様に満足を得ていただくための努力を惜しみません。健診の2次精密検査、セカンドオピニオンも受け付けております。

 

専門医制度と連携したデータベース事業について

所在地・ご連絡先

〒113-8603
東京都文京区千駄木1-1-5
電話:03-3822-2131(代表)
地図と交通
  • 紹介状をお持ちの方へ
  • 感染対策
  • 付属病院現職看護師 説明会案内
  • 付属病院臨床研修センター
  • 学校法人日本医科大学アクションプラン21新病院建設プロジェクト
ページトップへ