東洋医学科

東洋医学科 部長

高橋 秀実

高齢化社会を迎え、一人の患者さんが様々な疾患を同時に抱える様になって参りました。また、環境の変化も含め、病気の種類が多様化するとともに、多くの治りにくい慢性化した病気が人々を苦しめております。そして、それぞれの難病を克服するために開発された多くの薬がさらに新たな副作用を生み出す状況となり、様々な薬害問題がクローズアップされております。

 

こうした中、古来より人間を全人的に捉え、個々のゆがみの改善とともに全人的な治療を目指して参りました東洋医学が注目を集めております。また、東洋医学で用いる治療手段である、自然からのめぐみである生薬群を用いた湯液治療や、私達の体内に具わっている自己治癒力を活性化し様々な疾病を克服するための鍼灸治療も、体に優しい治療として見直されてきております。

 

当東洋医学科では、西洋医学に精通した東洋医学の専門家を学内外より迎え、西洋医学的な診断・治療に加え、保険適用となっている各種のエキス剤をはじめ、生薬そのものを用いた湯液治療、そして鍼灸治療の併用を含め様々な疾患に対応しております。また必要に応じ、日本医科大学付属病院の様々な診療科を紹介し、各分野の専門家とともに治療をすすめております。どうぞお気軽に御相談下さい。


外来診療について

当東洋医学科では、西洋医学に精通した東洋医学の専門家及び優秀な鍼灸師を学内外より迎え、様々な疾患に対応致しております。
*原則として全て予約診療となっております。保険診療で認められているエキス剤および各種検査は全て保険診療ですが、鍼灸ならびに個別の特殊処方による生薬治療は保険の適応外となります。


*原則として全て予約診療となっております。
予約電話番号:03-3822-2131(内線 6354)
受付時間
午前 8:00~11:00
備考 完全予約制です。

 




 

外来担当表

※ 女性医師は赤字にて表示しております。

  • 一般外来
受付
午前 担当医 高久 俊 廣田 薫 高橋 秀実
 (第1.3週)
津田 篤太郎
(第2.4週)
廣田 薫
(第2.4週)
 
高橋 秀実
午後 石井 一史 担当医 廣田 薫 小野 顕人
 
平馬 直樹 高橋 秀実
  • 鍼灸外来
受付
午前 横倉 大祐 猪狩 賢二 菊地 順彦 二階堂 成巳 福岡 豊永 三宅 祐子
午後 横倉 大祐 猪狩 賢二   二階堂 成巳 福岡 豊永 三宅 祐子

 


おもな診療科目・検査内容

新規の患者様あるいは各方面からの紹介患者様のみならず、日本医科大学付属病院全科からの紹介患者様も受け入れているため、疾患の種類はあらゆる分野に亘ります。悪性腫瘍(癌)、リウマチや膠原病などの難治性進行性疾患をはじめ、慢性腎炎や慢性肝炎、アトピー性皮膚炎等のアレルギー性疾患、各種婦人科疾患など様々な難病を含む多彩な疾患の診療に取り組んでいます。
必要に応じて様々な西洋医学の薬剤を併用し、放射線科や内視鏡科などの協力のもと最先端の西洋医学の検査を積極的に取り入れ、東洋医学と西洋医学を合体させた医療の展開をめざしています。


漢方エキス剤および湯液治療部門

保険適用の漢方薬(エキス剤)ならびに個々の患者様の状態を考慮した独自の煎じ薬を用い、最も悪性腫瘍(癌)、リウマチや膠原病などの難治性進行性疾患をはじめ、慢性腎炎や慢性肝炎、アトピー性皮膚炎等のアレルギー性疾患、各種婦人科疾患など様々な難病を含む多彩な疾患の診療に取り組んでいます。

  • 癌、膠原病
  • アレルギー疾患
  • 産科疾患
  • 体質改善
  • 婦人科疾患
  • 冷え性
  • 自律神経障害
  • 慢性胃腸障害
  • 老化にともなう諸症状

鍼灸部門

様々な疼痛性疾患や肩こり、むくみなど、日常抱えている様々な症状に対し、西洋医学的なきちんとした診断に則り、本学付属病院の擁する優秀な鍼灸師陣による針及び灸を用いた独自の治療を実施しております。

  • 慢性頭痛
  • 肩こり、五十肩
  • 腰痛
  • 膝痛
  • 坐骨神経痛
  • むくみ、しびれ

所在地・ご連絡先

〒113-8603
東京都文京区千駄木1-1-5
電話:03-3822-2131(代表)
地図と交通
  • 紹介状をお持ちの方へ
  • 感染対策
  • 付属病院現職看護師 説明会案内
  • 付属病院臨床研修センター
  • 学校法人日本医科大学アクションプラン21新病院建設プロジェクト
ページトップへ